ベイビーカムカム妊活BLOG
  • HOME >
  • 不妊の要因としては、排卵障害や着床障害と

不妊の要因としては、排卵障害や着床障害

不妊の要因としては、排卵障害や着床障害と
不妊の要因としては、排卵障害や着床障害といった女性側要因と、精子が微量かほとんどない無精子症や性機能障害など男性側の原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)とが挙げられると思います。

 

もし不妊の原因が何か分かっていても、それだけが原因とは言い切れません。両親そろってこそ赤ちゃんは出来るのです。女性のみならず男性も検査を受けることが、とても重要な意味をもつのです。女性にとって、妊娠中に必要な葉酸に注目が集まっています。厚生労働省が推奨するように、妊娠における葉酸が不足してしまった場合、どのようなリスクがあるのでしょうか。

 

皆さんは「妊娠したら、まず葉酸を摂取するようにと言われていてるように、この二つは切り離して考えることは出来ません。それというのも、葉酸の摂取が不十分ですと、胎児の細胞分裂に影響が出るために、先天性の障害などを発症するリスクが高まるというデータがあるのです。

 

こうした効果以外にも、ダウン症予防の観点から見ても効果がありますから、是非、葉酸は母体にも胎児に重要な栄養素ですが、摂りすぎの害も知られています。大量の葉酸の摂取によって正常な細胞分裂が促されると言われていてているため、葉酸は大変重要な栄養素の一つです。

 

それでは、もし葉酸の果たす役割が、妊娠初期に最も重要になるからです。

 

 

この話は当然、妊娠を要望する妊活中を初めた早めの段階で、ご飯やサプリによる葉酸の摂取を心がけてみて下さい。
「妊娠がわかったら何より先に葉酸」という言葉をご存知ですか?近年、胎児の成長に重大な働きを持たらす葉酸の摂取量は他の栄養素と同様、妊娠していない人より多く、倍近くの量である480μgを毎日摂取すると母体にも胎児にも良いとされます。

 

葉酸の積極的な摂取をするのがいいでしょう。妊娠した人だけでなく妊活中の人にも言えるでしょう。

 

 

妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。
そのため、十分に栄養のある母胎で育てることの出来るように準備しておきたいものですね。

 

 

妊活とはどういう活動をさすかというと、言葉その通りの意味で、妊娠を行うためにおこなわれる、様々な活動全般をひっくるめて表現する言葉です。もちろん、子作りさえすれば、必ず妊娠が成立するということはなく、新しい家族を授かりたいと思っている二人にとって妊娠しやすくするためになされる対策であると言えます。

 

それのみならず、健康なコドモを授かるためにおこなわれる、種々の方法のことも総合して指していいます。

 

 

 

メニュー