ベイビーカムカム妊活BLOG
  • HOME >
  • 妊娠活動にも効果がある「アロマ」

妊娠活動にも効果がある「アロマ」

妊娠活動にも効果がある「アロマ」
葉酸はビタミンMともいい、妊娠初期に特に大切なことです。

 

 

 

この栄養分は、妊娠初期に胎児の脳と神経系が形成される過程で、順調に発育するのを助ける役目を果たしてるわけですね。何をどれだけ食べれば葉酸がきっちりと摂れるか調べる余裕がない、毎日の献立の中に上手く取り入れる事が出来ない等の悩みをお持ちの場合は、青汁等を補助的に飲んで、必要な量を摂っていきましょうね。
赤ちゃんだけではなく、ママの体のためにも、妊娠初めの頃から積極的に葉酸を摂って行きましょう。

 

 

アロマには心身のバランスを良いように働く作用があり、妊娠活動にも効果がありますね。
中には待合室でアロマをつかっているクリニックもあるぐらいです。

 

アロマのうちでもローズは妊娠活動をしてる女の人には人気の香りの1つです。このアロマは、ホルモンのバランスを整えて、心の負担をすっきりしてくれるという効果が期待可能です。
リスク事を打ち消して、妊娠には不可欠な女性のかたホルモン分泌促進作用を持つイランイランもオススメです。
私の話なのですけど、妊活をしていた当時、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで学習しました。長男を出産した後でしたので、次は女の子を授かりたい、とかんがえていました。

 

 

本に載っていた、排卵日の特定から頃を合わせたりして、産み分けにチャレンジしました。

 

その後、無事に妊娠し、赤ちゃんの性別を先生にCHECKするまですと期待アリ、不安アリ、と言う感じで緊張してしまいました。結果は産み分けのおかげか、女の子を妊娠することが出来ました。
亭主も待望の女の子と言うことによって大喜びでした。
妊娠前から妊娠初めの頃の補給が最も大事ですと言われる葉酸ですが、大切な養分ただし、適切な補給が欠かせないです。
中でもサプリメントは日ごろの食事で補給できる葉酸に比べて、遥かにいっぱいの葉酸が入っているため、正しい飲み方で埋め合わすようにしましょうね。実際のところ葉酸を摂りすぎると、どんな影響が出るのでしょうか?葉酸の過剰補給は胃腸が影響を受けるために、主に食欲不振や吐き気などといった副作用があらわれることがあります。

 

そして、胎児は喘息にかかりやすいという話もありますねから、過剰摂取は禁物と思いませんか。私は現在、病院に通って、不妊の治療をおこなっています。
でも、それがものすっごくストレスになっています。こうまでやらないと、子どもが望めない事がわたくしにはものすごいストレスなんです。
出来るなら、全てやめてしまいたいです。

 

 

でも、それが出来ない事が、心の負担をさらに増やしてるように思います。
もしも妊活の結果がずっと出ない場合は、心も体もすり減ってきます。

 

心の負担がある事によって生殖機能が低下させられますので、そのまま続けてると負のスパイラルとなってしまうかも知れません。だから、思い切って妊娠活動を中断することを決めた方がベターな場合もあるでしょうね。事実、ベビ待ち休止後、間もなくして赤ちゃんが出来ることができたと言う人はよくいます。

 

 

 

自身の年齢も考慮に入れ、担当医ともよく話し合ったうえで、一時的に休んでみることもいいかも知れません。
私の場合、結婚した後すぐに妊娠を考えていたので、何冊かの女性誌の特集記事により妊娠前からサプリメント等で葉酸をきちんと摂れば胎児がすこやかに発育するのにはベストと、どこでも書いてあったため、妊娠に向けて葉酸のサプリメントを飲むことにしました。
妊娠何週まで摂った方が理想的のかも後で調べましたが、摂りすぎは禁物なのですけど、そうでなければ、葉酸は子どもにも母体にも欠かせないでは書かれており、無事生まれてくるまでサプリを飲むつもりです。

 

実際のところ妊娠してからご自身の体や赤ちゃんのためには、葉酸をカバーようになった妊娠中の女性さんもおおいのではないでしょうか。

 

ここで疑問なのは「いつまで補給を続けるべきなのか」という事によりすよね。
赤ちゃんの為に補給をされているという方は、妊娠している間だけ、摂り入れることを心がけるということでも構いません。ですけど、葉酸は妊娠している間の母胎をサポートしてくれるだけで無く、日頃の生活においても体に有益な様々な働きをしてくれます。
中でも体のバランスを調整するといった働きに葉酸は欠かせませんから、生まれた後も、葉酸の摂り入れることによって身体を健康的に保つことをおススメします。

メニュー