ベイビーカムカム妊活BLOG
  • HOME >
  • 二人目の妊娠は健康状態に注意

二人目の妊娠は健康状態に注意

2人目の妊娠することをのんびりと希望して気付けば3年後、まだ妊娠していなかったので、夫婦どちらかの健康状態に異常があるのだと、と思い始めました。第一子を育て上げるためにはも長生きしなければいけないので、これをチャンスと捉え細かく検査をしてもらい、問題がなければ妊娠活動にはいっていこうと話し合って結論を出したのですが、ふと考えるとこの話し合いが筆者が妊活をはじめたきっかけでした。自分、もしくは、夫に不妊症があると判ってからベビ待ちをスタートすると、ベビ待ちが長くなってくると、心も体もすり減ってきます。

 

 

ですから、何年と期間を決定して、夫婦でとにもかくにも一丸となって取り組もうという話し合いをはじめに済ませておくのが最も良いでしょうね。期間を設ける事によって、2人で考えて出した答えだから諦めないで頑張っていこうと前向きに思い継続することが出来ます。金銭的負担が大きい不妊症の治療なんですけど、精神的に参ってしまう人も少なくないです。自治ボディの助成金制度を使っても、大体40歳以上になると給付回数が減らされる例がおおいのが実情です。

 

 

 

その年で諦めろと言うことによりしょうか。

 

 

むしろ40だからこそ、支給回数を増やすべきで、減らすのは言語道断では思います。
筆者だって来年には四十になるので、役所にまでリミットを設けられたようで悲しく、落ち込むことがたっぷりなりました。女の方にとって体の冷えはベビ待ちをする上でのネックです。
と言うことで、温かくするお茶を意識して毎日飲むようにする事も妊娠活動のひとつだとすると感じます。

 

具体的には、カフェインが入っない身体の血行をよくする効果があるハーブティーがカラダの冷えをスッキリする為には効果があるんです。

 

 

十分に足りていないがちなので、意識して摂りましょうといわれる葉酸は、ともあれかくもあれいっぱい摂れば良いと何となく思ってしまう方もいそうな気がしますが、葉酸を一度に多量に補填すると思わぬ落とし穴がありますね。

 

主な副作用は発熱、じんましん、かゆみなどで、ひどい場合は呼吸障害を起こす重篤なケースも見られます。葉酸にも摂取の上限があり、成人で1日あたり1000μgとされます。

 

食事でこれを大幅に超えることはまずないですが、サプリなどの飲み合わせには注意がかかせないです。
妊娠を計画してるときにも、妊娠しやすい体づくりのためには出来る事っていっぱいありますねよね。例えば、葉酸です。

 

 

妊娠活動中の時からきちっと葉酸を摂り入れることしましょうねと、なにかの雑誌に書いてあったので、意外でした。

 

 

その記事によると、葉酸は、胎児が元気に成長するための最も重要な栄養分の1つだそうで、一般的に妊娠にしる以前から必要なもののとのこと。

 

ビタミンBのひとつですので、野菜やフルーツなどにも入っているといわれてますが、私は日ごろの生活だとすると野菜をあまり食べていないので、そういう場合は葉酸のサプリにサポートしてもらうのも理想的手立てだそうです。葉酸補給サプリはイロイロな会社が出しているわけですねが、赤きっちりと身体のことをかんがえて、安全性が高く、安心して飲めるものを探して妊娠活動を続けていきたいとかんがえています。

 

 

個人的にはカイロをベビ待ちに利用することを本当にすすめたいです。
靴下を2足改めて履いたり、インナーに分厚いものを着たりと工夫しても、私はひどい冷え性ですのでまったく効果なく、末端から冷えていました。これじゃ妊娠しにくいですね。

 

しかしながら、カイロを利用する事により、冷え性が改善した訳です!肌に直に貼らないで、服の上からの利用は、妊娠活動中の人にはすすめたい仕方の一つです。妊娠ひと月前から妊娠初めの頃段階の妊婦において積極的な葉酸の摂り入れることが求められています。ままさんの体も赤ちゃんも、共に元気であるよう、葉酸のサプリメントで補いながら、葉酸の補給を怠らないようにしましょう。

 

理想的な摂り入れること量としては、厚生労働省の発表によると一日に0.4mgを摂取するかかせないがあるとされていますね。これを野菜だけで補完するのはあまり現実的では有りません。

 

 

ですからサプリを飲んで、無理なく葉酸を摂り入れることしましょうね。

メニュー