ベイビーカムカム妊活BLOG
  • HOME >
  • ストレス、つわりとも関係がある葉酸

ストレス、つわりとも関係がある葉酸

ストレス、つわりとも関係がある葉酸
健康な毎日を送るために、葉酸をちゃんと摂取できている安心感のために、妊娠中の女性のストレスが減り、つわりの軽減に繋がるという考えもあるようです。

 

なんにせよ、妊娠初期はいっつもの二倍の量を摂取するのが理想と考えられています。近年、妊婦にとって不可欠な栄養素として注目されている葉酸や、女性の不妊に関係する成分である鉄分は、得てして不足しやすいという特長があります。

 

普段の食生活では摂取量が足りません。ですのでご飯で摂ることに固執せずに、サプリを活用するのがお手軽でお奨めですね。

 

 

 

最近はこうしたサプリメントの利便性が見直されて、鉄分と葉酸の両方を含有するものも開発されています。このようなサプリを飲めば負担無く、必要な栄養素を摂取できるのでは無いでしょうか。
妊娠しづらいように感じはじめたら、基礎体温の管理からはじめてみると良いでしょう。平均体温と基礎体温はちがいます。
基礎体温を見ると体内のホルモンバランスの変化や状態が分かり、不妊対策のファーストステップとして有効なのです。

 

 

普通の体温と違って基礎体温は、運動量が体温を変えてしまうので起床時に「毎日測る」というルールもあるので、それを守ってつけていくことが大切です。

 

もし旅行などで飛ばしても、できる日から再開しましょう。
心と体のバランスを整えてくれるアロマは、妊活にも効果があります。

 

中には待合室でアロマを使っているクリニックも登場しているぐらいです。アロマのうちでもローズは妊活をしている女性には人気の香りの一つです。

 

 

 

ホルモンバランスを適正に保ち、ストレス解消の作用があります。

 

不安感を消し去り、女性ホルモンの分泌を活発にするというイランイランも妊活中の女性に人気です。

 

果物というよりも、野菜のような使われ方をしているクリーミーな食材として知られるアボカドは、葉酸はプレママ立ちの間では、つわりにも好影響を及ぼすと話題にあがります。

 

 

これは色々な説がありますが、葉酸というビタミンは大切な役割を果たすものです。

 

貧血(鉄欠乏性貧血、再生不良性貧血、溶血性貧血、巨赤芽球性貧血など、色々な種類があります)防止効果の他、赤ちゃんがお腹にいるときは必要な栄養が行き届くようにするなど、生涯にわたって必要な栄養素です。

 

メニュー